和柄アロハシャツ 【谷町アロハ&笑花 Walohana】のお店 ::: わろは本舗

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
前のページへ 全 [41] 商品中 [21-40] 商品を表示しています 次のページへ

グレー粉雪柄アロハシャツ(Lサイズ)【和柄】

15,000円(税込)

グレー地に白い線と粉雪のようなタタキ柄が美しいアロハシャツです。 観世水の地模様が入っていて格式の高い1枚です。


サーモンピンクアロハシャツ(Lサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

濃いサーモンピンク色のアロハシャツです。 全体にきれいな放射状の地模様のある色無地から作りました。 しっかりした厚手の生地です。


藤色と赤紫片身替わりアロハシャツ(Mサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

藤色の花ぼかしと赤紫地に鹿の子絞りや菊や紅葉柄のアロハシャツです。 左前身頃と左前立て裏、ヨークが赤紫地です。 細かい柄がきれいで雰囲気のある1枚です。



ピンクぼかしアロハシャツ(LLサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

ピンク地の濃淡ぼかしのアロハシャツです。 たたき風のぼかしと凹凸のあるしっかりした生地の1枚です。 さわやかなピンクがおしゃれです。


紫グレー縦模様アロハシャツ(Lサイズ)【和柄】

15,000円(税込)

紫からグレーのグラデーションぼかし地に縦柄のアロハシャツです。 ヨークは生地を横に使っておりおしゃれです。 薄手の紬地でサラッとすっきり着られます。 同柄でLLサイズもございます。



紫グレー縦模様アロハシャツ(LLサイズ)【和柄】

15,000円(税込)

紫からグレーのグラデーションぼかし地に縦柄のアロハシャツです。 ヨークとポケットは生地を横に使っておりおしゃれです。 薄手の紬地でサラッとすっきり着られます。


赤地羽根に菊柄アロハシャツ(Lサイズ)【和柄】

18,000円(税込)

赤い鬼縮緬地に白い羽と菊の花がきれいなアロハシャツです。 両脇と前立て、衿裏が無地のデザインです。 上質な鬼縮緬の手触りが贅沢な1枚です。 同生地でデザイン違いが3枚あります。 これは迷う・・・



深緑と柿色縦縞アロハシャツ(Mサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

深緑と柿色の縦縞アロハシャツです。 雨コート生地のため、薄手でパリッとした手触りです。 ポケットの縦縞がぴったり合う気持ちのいい1枚です。 同柄のLサイズもございます。 お店のユニフォームにしてもかっこいいと思います。


深緑と柿色縦縞アロハシャツ(Lサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

深緑と柿色の縦縞アロハシャツです。 雨コート生地のため、薄手でパリッとした手触りです。 ポケットの縦縞がぴったり合う気持ちのいい1枚です。



桔梗柄ベージュ色アロハシャツ【和柄】

15,000円(税込)

桔梗柄のアロハシャツです。 ベージュ色が落ち着きを感じさせながらも、大胆な柄の配置によって華やかさを感じさせます。



長袖野山風景柄アロハシャツ(Lサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

野山の風景のアロハシャツです。 珍しい長袖、秋にぴったりです。


赤色鶴柄アロハシャツ(Lサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

赤色のアロハシャツ。 鶴に鹿の子と雲のおめでたい柄です。 長襦袢地のため、軽くて柔らかい手触りです。


赤と黄アロハシャツ(Lサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

赤色のストライプ模様の生地とモダンな黄色の生地を組み合わせてアロハシャツを作りました。 赤地は雨コート地のためつるっとして軽いです。 黄色地はしっかりとした正絹で枝の格子と横段柄がおしゃれです。 ヨーク部分はざっくりとした笹柄です。



松に鶴アロハシャツ(Lサイズ)【和柄】

18,000円(税込)

松に鶴。おめでたいアロハシャツです。 一か所だけ黒色の生地でないのもお洒落。


襟袖ピンク椿柄アロハシャツ【和柄】

12,000円(税込)

紺地に椿の花を図案化した遠州椿のアロハシャツです。 襟と袖はピンク地に白菊の華やかな生地を使用しました。 遠州椿は江戸時代の茶人、遠州流茶道の祖小堀遠州が好んだ文様として知られています。 紺とピンク、椿と菊のコントラストが鮮やかな1枚です。


前のページへ 全 [41] 商品中 [21-40] 商品を表示しています 次のページへ

Your recent history

About the owner

KOSAKU GODA

シャツ職人の父親と一緒にこの仕事を始めました。
父は、89歳(昭和7年生まれ)になりますが、いまだ現役でミシンを踏んでいます。
古着物が「着る物」として流通しなくなったと着物のリサイクルショップをする友人から聞き、シャツにしたら着れるかなと思い始めました。
古着物は、日本文化や歴史はもちろん、その人の歴史などいろんな想いや思い出なども入っているので取り扱うのに少し戸惑いもありましたが、大切な思い出をカタチに残すお手伝いができるこの仕事に魅力を感じるようになりました。
和柄には、季節や縁起、そして芸術的・伝統的技法など様々な要素があり、飽きることがありません。
わからないことも多いのですが、徐々に勉強していきたいと思っています。

Blog

Mobile