和柄アロハシャツ 【谷町アロハ&笑花 Walohana】のお店 ::: わろは本舗

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [13] 商品中 [1-13] 商品を表示しています

白地縦柄浴衣地アロハシャツ(Lサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

白地に縦柄の浴衣地アロハシャツです。 メインは白地に紺の縦柄の浴衣地、 衿は紺色の鎖柄、ヨークはブルーに白いロウケツ染の浴衣を使用しました。 夏の空が似合うさわやかな1枚です。 綿はザブザブ洗濯できるのがうれしいですよね。


格子に蝶の浴衣地アロハシャツ(LLサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

白地に紺色の格子と蝶のアロハシャツです。 注染の蝶が少しずつ違うのも見どころですが ポケットの柄合せでも職人の技が光ります。 シンプルでさわやか、夏にオススメの1枚です。 LLサイズお探しのかたはお早めに。


紺地鼓柄アロハシャツ(Lサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

紺地にオレンジの鼓柄が映えるアロハシャツです。 袖と後身頃は黒地にロウケツの葉柄、 衿と前立ては茶系に黄色の葉柄の浴衣地を使用しました。 シックななかに鼓のオレンジと衿の茶色がマッチします。 前からと後ろから、前後で違う印象が楽しい1枚です。



花火柄浴衣地アロハシャツ(Lサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

花火のような花柄のような浴衣地のアロハシャツです。 裏まで染料が通った注染の浴衣を使用しています。 袖は紺地にオレンジの朝顔柄、ヨークは青地にロウケツの白い花柄です。 柄・色ともに個性的な真夏のアロハシャツ、 フェスやキャンプにいかがですか? しっかりした生地で洗濯にも強いと思います。


紺地カラフル花柄浴衣地アロハシャツ(Lサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

紺色のカラフルな花柄浴衣地のアロハシャツです。 裏まで染料が通った注染浴衣を使用しました。 衿と前立ては紺色の篭目柄、ヨークは白地に紺の縞々柄です。 ポップで明るい、真夏のアロハシャツ! しっかりした綿生地なので汗をかいても安心です。


紺色菖蒲柄浴衣地アロハシャツ(Lサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

菖蒲の紫がきれいなアロハシャツです。 しっかり裏まで染料が通った注染の浴衣地を使用しています。 衿と前立ては茶系、ヨークは黒地の浴衣を使用しました。 おしゃれで大人っぽい雰囲気です。



青地白花浴衣地アロハシャツ(LLサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

青と黒の浴衣地を組み合わせたアロハシャツです。 本体は青地にロウケツ染で撫子・萩・紅葉が描かれています。 水色のタタキ模様でポップな印象です。 袖のみ黒地のロウケツ染浴衣を使用しています。 どちらもしっかりとした綿生地ですので洗濯にも強いと思います。


青色白花浴衣地アロハシャツ(Sサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

青色浴衣地に白い花のアロハシャツです。 撫子や萩、紅葉をロウケツ染めで表しています。 しっかりとした綿生地です。 衿と前立ては水色にカラフルな紫陽花柄の浴衣地です。 秋を先取りしたシックな1枚です。


白縦縞と藍朝顔浴衣地アロハシャツ(Sサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

白地と藍色地を組み合わせた浴衣地アロハシャツです。 衿と前立て・前身頃は白地に紺の縦柄、 後身頃とヨーク・袖は藍色に白い朝顔柄です。 前後で印象が異なるおしゃれな1枚です。 Sサイズをお探しのかた、お早めにどうぞ。



藍色朝顔浴衣地アロハシャツ(Sサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

藍色の浴衣地アロハシャツです。 藍色に白い朝顔のオレンジと葉の緑がきれいです。 パッと明るくさわやかな1枚です。


鎖帷子風アロハシャツ(Lサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

人気の浴衣地アロハシャツです。 鎖帷子風の紺地と短冊柄の白地のコントラストがきれいです。 ポイントは前身頃の柄合せ。 職人のセンスが光ります。


紺色花柄アロハシャツ(LLサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

この夏、大流行の浴衣アロハ。どんどん売れています。 前身頃に青色の芙蓉柄、衿とヨーク、両脇は白地にシックな花柄を使っています。 芙蓉の花がハイビスカスにも見え、3色の虹で夏の海を思わせる爽やかな1枚です。



紺色花柄浴衣地アロハシャツ(Mサイズ)【和柄】

12,000円(税込)

人気の浴衣地アロハシャツです。 藍色に大輪の花柄地と紺色に赤と水色の三角蝶柄地を組み合わせました。 縦のラインでスッキリ、着やせ効果も抜群です。


全 [13] 商品中 [1-13] 商品を表示しています

Your recent history

About the owner

KOSAKU GODA

シャツ職人の父親と一緒にこの仕事を始めました。
父は、89歳(昭和7年生まれ)になりますが、いまだ現役でミシンを踏んでいます。
古着物が「着る物」として流通しなくなったと着物のリサイクルショップをする友人から聞き、シャツにしたら着れるかなと思い始めました。
古着物は、日本文化や歴史はもちろん、その人の歴史などいろんな想いや思い出なども入っているので取り扱うのに少し戸惑いもありましたが、大切な思い出をカタチに残すお手伝いができるこの仕事に魅力を感じるようになりました。
和柄には、季節や縁起、そして芸術的・伝統的技法など様々な要素があり、飽きることがありません。
わからないことも多いのですが、徐々に勉強していきたいと思っています。

Blog

Mobile