和柄アロハシャツ 【谷町アロハ&笑花 Walohana】のお店 ::: わろは本舗

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順

全ての商品

ヒット件数: 57カテゴリー: 指定なし 検索文字: 指定なし
全 [57] 商品中 [1-20] 商品を表示しています 次のページへ

紫 アンティーク花柄 【銘仙(めいせん)生地 長袖】

18,000円(税込)

綸子(りんず)の生地で、さらっとした感覚。オールディな風合いです。 紫色の折り紙のような鮮やかさに可愛らしい花があしらわれています。


ウール生地アロハ【紫】

6,000円(税込)

ウールの着物から作りました。生地は厚めですので、初夏や初秋などにぴったりです。 シンプルなデザインなのに、ワンポイントの横のラインがアクセント。


柿色ウール生地アロハシャツ

6,000円(税込)

鮮やかな柿色で、しっかりしたウール生地で作りました。



曼荼羅風柄【ウール】

7,000円(税込)
SOLD OUT

東洋的な柄で、しっかりとした生地(ウール)です。 春先、秋ごろにぴったりの半袖アロハです。


ピンク 秋の小川

8,000円(税込)

ピンク色の光沢ある、アロハシャツ


柿色アロハ

12,000円(税込)
SOLD OUT

柿色のアロハシャツです。 生地は正絹。



柿色&花柄アロハ

12,000円(税込)

優しい柿色にえんじの華やかさが浮かび上がるアロハシャツ。


茶色&紫色アロハ

8,000円(税込)
SOLD OUT

茶色の縞柄と紫色の木肌模様の生地を使ったアロハシャツです。


赤色紅葉柄アロハシャツ【和柄】

12,000円(税込)

紅葉柄のアロハシャツです。 薄い赤色の生地に紅葉の透かし織がきれいな一品です。



紅葉花柄アロハシャツ【和柄】

12,000円(税込)

紅葉と花柄のアロハシャツです。 赤茶色に黒の大胆な色使いが綺麗です。そこはかとなく漂うユーモア感も。


組み合わせアロハシャツ

6,000円(税込)
SOLD OUT

流行りの組み合わせアロハシャツです。 紬と銀糸で織った生地を組み合わせています。豪華な雰囲気です。


袴地アロハシャツ

12,000円(税込)
SOLD OUT

袴から作ったアロハシャツです。 しっかりした袴地。写真では伝わりにくいですがこげ茶の渋い色です。



竹と花柄アロハシャツ【和柄】

12,000円(税込)
SOLD OUT

竹と花柄のアロハシャツです。 落ち着いた青色の竹模様の生地と、黄色基調の鮮やかな花柄の生地を掛け合わせました。後ろ、肩のところにしみがあります。


しぼりアロハシャツ【和柄】

12,000円(税込)
SOLD OUT

しぼり染めされた生地のアロハシャツです。 うすいピンク地に花柄が綺麗です。


ピンク花柄アロハシャツ【和柄】

12,000円(税込)
SOLD OUT

ピンクの花柄のアロハシャツです。 鮮やかなピンク色に白い菊がつつましやかに咲いています。 合わせ生地は白に百合。影のような黒い葉が印象的。



花紅葉笹柄アロハシャツ【和柄】

12,000円(税込)
SOLD OUT

花と紅葉と笹の柄のアロハシャツです。ココナッツボタンがおしゃれです。 ポリエステル生地なのでお洗濯も楽々。


襟袖ピンク椿柄アロハシャツ【和柄】

12,000円(税込)

紺地に椿の花を図案化した遠州椿のアロハシャツです。 襟と袖はピンク地に白菊の華やかな生地を使用しました。 遠州椿は江戸時代の茶人、遠州流茶道の祖小堀遠州が好んだ文様として知られています。 紺とピンク、椿と菊のコントラストが鮮やかな1枚です。


桜花柄アロハシャツ【和柄】

12,000円(税込)

桜色の生地と鮮やかな花柄を組み合わせたアロハシャツです。 着るとハッピーな気分になることでしょう。



桜柄アロハシャツ【和柄】

12,000円(税込)

桜の柄のアロハシャツです。 桜の満開を思わせる幸せ感が漂っています。


十文字柄アロハシャツ【和柄】

12,000円(税込)

十文字を思わせる柄のアロハシャツ。 ポケットと袖が鮮やかな花柄。モダンな印象です。


全 [57] 商品中 [1-20] 商品を表示しています 次のページへ

Your recent history

Recommended

About the owner

KOSAKU GODA

シャツ職人の父親と一緒にこの仕事を始めました。 父は、88歳(昭和7年生まれ)になりますが、いまだ現役でミシンを踏んでいます。 古着物が「着る物」として流通しなくなったと着物のリサイクルショップをする友人から聞き、シャツにしたら着れるかなと思い始めました。 古着物は、日本文化や歴史はもちろん、その人の歴史などいろんな想いや思い出なども入っているので取り扱うのに少し戸惑いもありましたが、大切な思い出をカタチに残すお手伝いができるこの仕事に魅力を感じるようになりました。 和柄には、季節や縁起、そして芸術的・伝統的技法など様々な要素があり、飽きることがありません。わからないことも多いのですが、徐々に勉強していきたいと思っています。

Blog

Mobile